【文献】睡眠時間が少ないと風邪をひきやすくなる?

風邪をひいたらなにはともあれとにかく寝るべし

よく聞く言葉ですよね。

しかし、本当に寝るだけで風邪に効果がありかつ風邪の予防になるのでしょうか?

今回はそんな疑問を解消すべく、文献を基にビジアブ(ビジュアル・アブストラクト)を作って風邪と睡眠の関係について検証してみました。

風邪に対する睡眠の効果が知りたい方、風邪なんて寝なくても薬を飲んでれば大丈夫っしょと思っている方はぜひ一読ください。

睡眠時間が少ないと風邪をひきやすくなる?

薬飲んで、寝ろ?

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2020/02/ED26FBF1-393A-4A4E-ABDC-7C1947E33762-e1582425256180.jpeg
フェレットさん

なんか寒気がする……

これは風邪をひいちゃったかもしれない

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2020/03/76D1ACFD-41F1-444E-A277-E0E37A1BCBC2-e1583839903776.png
薬剤師うさぎ

早く帰って寝るべし!

オーガマンもそう言ってるよ!

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2019/12/IMG_0211-e1577539862147.jpg
フェレットさん

え〜なんか薬ちょうだい〜

薬飲んどけば大丈夫っしょ!

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2020/02/B8D396FF-FCA1-448C-B1E9-1F951CD28BDA-e1582291931713.jpeg
薬剤師うさぎ

寝ることが一番風邪には良いのである!

論文見つけたから読んでみよ!

睡眠習慣と風邪に対する感受性の関係

文献情報

Arch Intern Med, 169 (1), 62-7 2009 Jan 12

Sleep Habits and Susceptibility to the Common Cold

Sheldon Cohen , William J Doyle, Cuneyt M Alper, Denise Janicki-Deverts, Ronald B Turner

Youtube版

ビジアブ(ビジュアルアブストラクト)

アブストラクト

背景

睡眠の質はいわゆる風邪に対する感受性と免疫系の重要な予測因子になりうると考えられている。本研究ではウイルスに暴露した後の睡眠時間と睡眠の質が風邪に対する感受性と関連があるか調査した。

方法

153人の健康な男女のボランティア(21歳〜55歳)が参加した。

参加者には14日間、前日の睡眠時間と睡眠効率(ベッドの中で実際に寝ていた割合)、そして実際に休まったと感じたかどうかを報告してもらい、それらの平均値を計算してベースラインとした。

その後、参加者にライノウイルス入りの点鼻薬を投与し、投与-2日から投与後5日間に渡って風邪症状をモニタリングした。

結果

睡眠時間が7時間未満の人は8時間以上の人と比べて2.94倍(95%CI 1.18-7.30)風邪をひく傾向があった。一方、睡眠効率については92%未満の人は98%以上の人と比べて5.5倍(95%CI 2.08-14.48)風邪をひく傾向にあった。

これらの相関はライノウイルスの特定の抗体や人口統計、社会経済的地位、季節、BMI、健康習慣の違いでは説明できなかった。起きたときに休まったと感じたかどうかは風邪の発現とは関連していなかった。

結論

ライノウイルス暴露後の低い睡眠効率少ない睡眠時間風邪のひきやすさと関連していた。

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2020/02/ED26FBF1-393A-4A4E-ABDC-7C1947E33762-e1582425256180.jpeg
フェレットさん

2.94倍と5.5倍ですって……!

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2020/02/ED26FBF1-393A-4A4E-ABDC-7C1947E33762-e1582425256180.jpeg
フェレットさん

(帰って寝なくちゃ)

ライノウイルス入りの点鼻薬?

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2020/02/ED26FBF1-393A-4A4E-ABDC-7C1947E33762-e1582425256180.jpeg
フェレットさん

ライノウイルスを点鼻??

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2020/02/6C4D084B-548C-42BD-8D20-A2D50C292AA2_1_105_c.jpeg
薬剤師うさぎ

ガクガクブルブル

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2020/02/ED26FBF1-393A-4A4E-ABDC-7C1947E33762-e1582425256180.jpeg
フェレットさん

ガクガクブルブル

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2020/02/88502D6F-F521-41D2-83FA-4CC01B84504C_1_105_c.jpeg
薬剤師うさぎ

ボランティアの人は報酬として800$貰えたらしいよ

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2019/12/IMG_0211-e1577539862147.jpg
フェレットさん

はい!

私、やりたいです!!

睡眠が風邪の感受性に寄与するメカニズム

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2019/12/IMG_0211-e1577539862147.jpg
フェレットさん

寝るのが良いって結局どういうメカニズムなの?

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2020/02/88502D6F-F521-41D2-83FA-4CC01B84504C_1_105_c.jpeg
薬剤師うさぎ

論文には次のように書かれていたよ

感染に対する睡眠の役割は未だ結論が出ていないが、睡眠の質が落ちると疾病発現が増えるということに関してはエビデンスが一貫している。

現段階で説明可能な事項として、睡眠が阻害されると炎症性サイトカイン、ヒスタミンその他感染反応で放出される免疫調節因子が影響されるため、ということが言える。

まとめ

通常の上気道感染症では、免疫機能を賦活化させるために体温をある程度高温で維持しながら、安静にして自然寛解を待ち、必要により服薬することになると思います。

小川壮寛, 松下明, 第8回 臨床推論で見抜く「風邪薬をください」の裏側, 調剤と情報 24(16): 2483-2487, 2018.
https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2019/12/IMG_0189-e1575809341709.jpg
薬剤師うさぎ

とりあえず細かいことはわからないけど寝ることで免疫機能が賦活化されるからとにかく風邪ひいたら寝ろってことみたいだね!

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2019/12/IMG_0211-e1577539862147.jpg
フェレットさん

よし、帰って寝るわ!

あと仕事全部よろしく!!!

https://pharmacists-memo.com/wp-content/uploads/2019/12/IMG_0192-e1575813243341.jpg
薬剤師うさぎ

え、う、うん

お大事にしてくだされ

まとめ
  • ライノウイルス暴露後の低い睡眠効率と少ない睡眠時間は風邪のひきやすさと関連していた
  • 寝ることで免疫機能が賦活化される
  • 風邪をひいたらなにはともあれとにかく寝るべし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です