投与速度に注意が必要な注射薬とその理由まとめ

薬剤師が注射薬の処方監査をする時に気をつけるべき「投与速度に注意が必要な注射薬」をまとめて一覧にしています。

根拠を持った疑義照会ができるようにできるだけ理由も一緒に記載しています(主に添付文書、インタビューフォーム、審査報告書、各種文献情報を参考としています)。

溶解液の量や種類に注意が必要な注射薬一覧とともにブックマークしたり印刷したりして日々の薬剤師業務にぜひ使用してください。

順次アップデートしていきたいと考えています。これも追記したほうがいいのではというのがあればぜひ教えてください。

もくじ

投与速度に注意が必要な「あ行」の注射薬

アシクロビン点滴静注

1時間以上かけて投与

血管痛予防

アスパラカリウム注

20meq/hを超えない

不整脈、心停止などをきたすおそれ[1]

アセリオ静注液

15分かけて静脈内投与

15分未満:血圧低下、15分以上:血中濃度が上がらない

アタラックスP注射液25mg

25mg/分未満の投与速度でできるだけ遅くする

静脈炎、一過性の溶血を起こすおそれ[1]

アネメトロ点滴静注液500mg

20分以上かけて点滴静注

臨床試験において20分で安全性、有効性が検討されているため。また海外の添付文書でも20分以上と規定されており、20分以内での安全性は臨床研究報告があるのみで十分に確立していないため。

※Cmax(20分で投与時):39.2µg/mL、Cmax(60分で投与時):33.7µg/mL

アミノ酸

10 g/時前後(約0.2g/kg/時)

急速投与で悪心・嘔吐、BUN上昇、高アンモニア血症など

アムビゾーム点滴静注用50mg

1~2時間以上かけて点滴静注

投与時関連反応:発熱、悪寒、悪心、嘔吐、頭痛、背部痛などの予防のため

アルブミナー5%静注 12.5g/250mL、25%静注12.5g/50mL

どちらも1本で1時間程度が目安。高張アルブミン製剤で1~2mL/分(30分~1時間)の速度で投与することが推奨されているが、実際は循環動態の変化に応じてアルブミンの投与速度の調節が必要

急激に循環血漿量が増加すると肺水腫、心不全などを起こす恐れがあるため

イーケプラ点滴静注

1回量を15分かけて静脈内投与

臨床試験が全て15分で行っているため。また、海外での使用実績&15分投与で経口投与に比べ有害事象発生率が高くなる傾向が認められなかったことも考慮して(※有害事象:傾眠、めまい、頭痛など)

→海外:15分投与時に経口投与時と比べ血中未変化体濃度推移が類似していたことから15分で設定

イントラリポス輸液

0.1g/kg/h(小児は0.08g/kg/h)以下の速度で投与

この速度を超えると血中脂質の増加、脂肪利用率低下、免疫機能の抑制などのおそれ[4][5]

献血ヴェノグロブリンIH5%静注

投与開始から1時間は0.01mL/kg/分で投与し、副作用等異常所見が認められなければ0.03mL/kg/分まであげてもよい

ショック等の副作用は投与開始1時間以内、また投与速度を上げた際に起こる可能性があるため

エダラボン点滴静注

30分かけて点滴静注

30分投与は脳浮腫を有意に抑制したが60分投与は抑制効果を示さなかったことから(ラットで)

塩化ナトリウム注

原則として0.5mEq/L/hの上昇に留める(3%NaClだと0.5~0.6mL/kg/h)

急速なNa補給は浸透圧性脱髄症候群を起こす恐れがある

オノアクト点滴静注用

10µg/kg/分を超えない

投与速度に注意が必要な「か行」の注射薬

ガベキサートメシル酸塩静注用

2.5mg/kg/時以下が望ましい

投与速度が増加すると血圧が低下することがあるため

カルチコール注射液8.5%

緩徐に静注(カルシウムとして毎分0.68~1.36mEq:1.7~3.5mL)

急速投与で心悸亢進、徐脈、血圧変動、熱感などが現れるおそれ

キュビシン静注用350mg

30分かけて点滴静注または緩徐に静注

臨床試験における点滴時間が30分間だったことから

→緩徐に(2分間かけて)静注したときと30分間静脈内投与したときのCmaxは同程度

→分布容積が小さく、分布相半減期が数時間であることから

→「1時間かけて」というオーダーも血中濃度的には別に良いのかも

クラビット点滴静注

60分かけて点滴静注

有効性(60分点滴静注時にCmaxが最大)および安全性(急速静注による低血圧)を考慮したため

グリセレブ配合点滴静注、グリセオール注

500mLあたり2~3時間かけて点滴静注(200mLだと1時間程度)。200mLを30分で投与した報告もある。救急外来での救命措置など一刻を争う場合は500mLを30分程度で点滴静注する方法が用いられる

溶血や腎障害、脱水、乳酸アシドーシスなどのリスクが高まるため急速投与は重症例や手術を前提とする場合以外は避けることが望ましい

クリンダマイシン

30分~1時間かけて投与(30mg/分を超えない)

急速投与で心停止をきたすおそれ

ケイツーN静注

緩徐に静注

急速投与でショック症状があらわれることがある

KCL注

20meq/hを超えない

不整脈、心停止などをきたすおそれ

ゲムシタビン点滴静注用

30分かけて点滴静注

60分以上で骨髄抑制や肝機能障害

投与速度に注意が必要な「さ行」の注射薬

サングロポール点滴静注用2.5g

初回の投与開始から15~30分は0.3~0.6mL/分で投与し、副作用等の異常所見が認められなければ、0.9~1.5mL/分まで徐々に速度を上げてもよい

急速投与で血圧降下を起こすことがあるため

ジスロマック点滴静注

2時間かけて点滴静注

1時間かけて投与した場合、2時間かけた場合と比較して注射部位疼痛が多く認められたため

シプロフロキサシン点滴静注液

1時間かけて投与(30分以内の点滴静注は避ける)

急速投与で血管痛や静脈炎が起きうるため

セフキソン静注用

30分以上かけて点滴静注

静脈内大量投与により、まれに血管痛、血栓性静脈炎、ほてり感、嘔気などを起こすことがある

注射用ソル・メルコート

緩徐に静注または点滴静注

血管痛、静脈炎の予防。また、高用量を急速静注(500mgを10分未満で投与)で心停止、循環性虚脱、不整脈等があらわれたとの報告あり。250mgを超える場合は少なくとも30分以上かけて投与することが望ましい

ゾレドロン酸点滴静注

15分以上かけて投与

5分間で点滴静注した海外の臨床試験において急性腎不全が発現した例あり

投与速度に注意が必要な「た行」の注射薬

テイコプラニン点滴静注用

30分以上かけて投与

レッドネック症候群の予防

デノシン点滴静注用

1時間以上かけて点滴静注

強アルカリ性(pH約11)であり血管痛・静脈炎があらわれることがあるため

最大投与速度 5mg/kg/min

代謝合併症(高血糖など)を防ぐため

トランサミン注

ゆっくり静脈内に投与

急速投与で悪心、胸内不快感、心悸亢進、血圧低下などがあらわれることがある

投与速度に注意が必要な「は行」の注射薬

バクトラミン注

1~2時間かけて投与

2時間以上で結晶析出

塩酸バンコマイシン点滴静注用

1時間以上かけて投与

レッドネック症候群の予防

ビースリミン注

できるだけ投与速度は遅くする

血管痛、アレルギー反応などが起こることがあるため

ファンガード点滴用

75mg以下の場合は30分以上、75mgを超える場合は1時間以上かける

副作用(アナフィラキシーや溶血)への注意が必要であるため

ブイフェンド200mg静注用

1時間あたり3mg/kgを超えない速度で投与

添加物SBECDの血漿中濃度の急激な上昇に伴いショック・アナフィラキシーを起こすことがあるため

フェジン静注

2分以上かけて徐々に静注

ワンショットで頭痛、倦怠感、悪心、心悸亢進、蕁麻疹など。逆に投与時間が長すぎる(30分など)とpH変動により鉄イオン遊離が促進し副作用の要因となる

フルコナゾール静注液

10ml/分を超えない速度で投与することが望ましい

ホストイン静注

1mg/kg/minまたは75mg/minの低い方を超えない。てんかん重積状態の初回では3mg/kg/minまたは150mg/minの低い方を超えない。

急速に静脈内投与した場合心停止、一過性の血圧低下、呼吸抑制などを起こすことがある

ホリゾン注射液

できるだけ緩徐に(2分以上かけて)静注

血管痛が起きるため(浸透圧比約27:生食に対する比)

投与速度に注意が必要な「ら行」の注射薬

ラピアクタ

15分以上かけて単回点滴静注

臨床試験で15-60分の点滴時間で行っており、15分以内やワンショットでの有効性、安全性について担保できるデータがないため

リコモジュリン点滴静注用12800

約30分かけて投与

急速投与と比べて安全性を考慮した結果、万が一投与中に不具合が生じた結果即座に中止できる30分が採用となった。

ちなみに第Ⅰ相試験では2時間の持続静注で実施しているが、2時間の際と30分の際のCmax、血中濃度推移は同程度

硫酸Mg補正液

最大投与速度 20 mEq/h(緊急時 1 mEq/min)

急速大量投与で電解質喪失、血栓性静脈炎

リン酸Na補正液

最大投与速度 20 mmol/h

急速投与で低Ca性のテタニー

ロピオン静注

緩徐に(1分以上の時間をかけて)静注

急速投与で血圧、心拍数が上昇(動物実験データ)

参考文献

  1. 添付文書
  2. インタビューフォーム
  3. 審査報告書
  4. 静脈経腸栄養ガイドライン第3版
  5. 瀧藤克也, 脂肪乳剤の種類と現状, 日本静脈経腸栄養学会雑誌 33(2) : 726-730 : 2018

2 COMMENTS

ふたば

根拠文献も併記して頂けるとより医師に提案しやすくなるのでお願いできないでしょうか…

返信する
Autm

ふたばさん
コメントありがとうございます。
6-7割くらいは添付文書、IF、審査報告書のどれかに載っていた情報だったと思うのですが、確かに併記されていたほうがすぐに根拠がわかって提案の際に利便性がいいかもしれませんね。
時間はかかるかもしれませんが取り組みたいと思うので、しばしお待ちいただきたいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です